正直、家のご飯が楽しみじゃない

 

家庭の料理がいまいち物足りないなというとき、あなたはどうしているでしょうか。

 

それを素直に伝えるのか、自分で何か作って食べるとか、何か買ってくるとか色々選択肢はあるでしょうが、そんな物足りなさが毎日毎日続けばフラストレーションは溜まっていくばかり。

 

料理にも得手、不得手がありますからある程度仕方のない部分はあります。それにもし共働きだったのなら何にせよご飯を用意してくれるだけでありがたいものでしょう。

 

しかしそのときの感情によっては明らかに手抜きに見えたり、愛情が籠っていないように見えたり、体のことを考えてくれていないように見えたり、やけに卑屈な見方をしてしまうものなのではないでしょうか。

 

例えば仕事で疲れて家に帰ったとして、お腹はペコペコ。出来ればすぐにご飯を食べたいけれど、料理は食卓にないどころかお米も炊かれていない。

 

奥さんも忙しかったのかもしれませんが、疲れた状態ではそこまで斟酌できずに気持ちがやさぐれてしまいます。

 

仕方ないからその日はすぐにできる麺類ということにして、適当におかずを作ってもらうなりしてもやはりお腹はいまいちくちくならない。

 

思えばそんなことはざらで、チャーハンだけとか、焼きそばだけとか、大皿で大量に食べられるものばかりの日も多い。これじゃあ炭水化物だけだ。お肉やお魚をメインにして、野菜も取れる食事でなければ体は満足しない。

 

よく見ればチャーハンにも焼きそばにも肉や野菜は入っているけれど、そういうことじゃない。そもそもいかにも間に合わせて作りました、とりあえずお腹がいっぱいになれば文句はないでしょうという態度が気に入らないのだ。

 

お腹が空いているときは、相手のことを考えることも難しくなりますし、小さなことでイライラしてしまいがちです。食事の不満からはじまる喧嘩も多いのではないでしょうか。

 

根本的な解決にはならないかもしれませんが、帰宅後のイライラや食事に関する喧嘩はもううんざりだというなら、とりあえずサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

 

これ見よがしにマルチビタミンサプリなんてまた喧嘩のタネになるかもしれませんから、ここでおすすめするのはグミタイプのマルチビタミンです。